Thunder Bird Hills で飼育されているモニターを中心とした爬虫類とその飼育者の奮闘記!!
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< モニターは軟体 | main | 野生のよしお >>
動物園
今日は天王寺動物園に行ってきた。
昔から動物園が好きで、よく母親に連れて行ってもらったものです。


駅前の路上にて

DSC06534.jpg
ネコかカラスがゴミ袋からあさったのか?



社会人になってから来たのは初めてかも?
入園料が大人500円! そんなに安いものだったとは。

DSC06602.jpg

ペンギンたち。
3種類ほどのペンギンたちが一緒に暮らしていた。
一匹のコウテイペンギンが陸地に歩き出すと、残りのコウテイペンギン達も
一緒に歩き出した。同じ仲間の意識があるのね。
どのペンギンも歩き方がキュートすぎる。
神様はなぜこんなにもバランスの悪い動物を生み出したのか?といつも考える。

昔も今も一番気になるのは爬虫類。
昔の記憶はほとんどなかったが、あまり期待はしなかった。
爬虫類を専門に扱うショップにはさすがに勝てない(笑)

むしろ飼育環境を参考に観てまわった。

DSC06615.jpg
よしおの水槽もいずれこんな風にできたらな。


DSC06614.jpg

キイロオオトカゲ
人為的影響から最も絶滅が危惧されているオオトカゲ。
本でしか観た事がなかったので、まさか本物を観る事ができるとは思っていなかった。


washi.jpg

オジロワシ
オリに閉じこめられた大空の勇者。
ここならエサも心配ないし、飼育員に愛される。子供からも愛される。
そういう幸せもあるんだと無理矢理自分に言い聞かせて。
しかし、オリの中にいても、その勇ましさは変わらない。


久しぶりに動物園に来て感じた事は、飼育スペースの大きさ。
ほとんど動かず、一日の大半を寝て過ごすコアラ数匹が
かなり巨大な施設で飼育されているのに対して、
身体の大きなネコ化のピューマがすごい狭いオリで飼育されていた。
人気の違いなのかな?
もっと大きな施設でのびのびと生活させてあげたいと思ってしまうのは
きっと素人の考えなのでしょう。
どのみち人間に飼育されてる上じゃあ五十歩百歩かな?

動物好きの自分にとって、子供の時に見た感動は
今も変わってませんでした。
また近いうち、彼らに会いに行きたい。
動物園行ったんですか〜。実は僕も先日地元の小さな動物園に行って(一人で・・笑)、次の記事にしようとしていたところなんですよね。奇遇ですな〜。

最近ってペットショップが動物園並の品揃えなんで(笑)動物園に行く必要ないかな?って思ってしまいますが、実際行くと、やはり売るのが目的のショップと展示が目的の動物園では設備が違うのでやっぱ見てて楽しいですよね!

montriviere | 2008/03/04 08:46
montriviereさま
一人で行くのは本物ですね。自分も動物園なら平気ですけどね。
たしかに専門店ならショップの方が種類は豊富ですよね。
自分の行った動物園も昔と変わって、岩の間にガラスをはめ込むなど
自然に近く、上手に展示されていましたね。
色々と手本に出来るような箇所も見受けられました。
参考にして飼育レベルあげたいと感じましたね。
vampire | 2008/03/04 09:31
王子動物園かぁ・・・最近行ってないなぁ^^;
キイロおったんや!!なんかバーミーズはいた記憶はあるんやけどなぁ・・・。
久々に行ってみるかな?

あ、近々ショップ巡り行きませう^^)v
ヤン | 2008/03/04 19:28
ヤンさま
キイロいるとは思いませんでした。初めてみたけどサバンナと似てました。
バーミーズはいませんでしたね。巨大モノは少なかったです。
アナコンダもいなかったし。昔はいたような記憶が・・・
爬虫類はショップの方が絶対に楽しいですね!

ショップ巡りしましょう。最近は暇なんで(笑)
誘ってくらはい(^_^)v
vampire | 2008/03/04 19:42
COMMENT









Trackback URL
http://blog.thunderbird-hills.com/trackback/1399
TRACKBACK
ブログパーツUL5