Thunder Bird Hills で飼育されているモニターを中心とした爬虫類とその飼育者の奮闘記!!
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< キノコ | main | 今日からラット >>
擬岩作成
今回は擬岩を作ってみましたので、記事にしてみたいと思います。
レイアウトに関して、アクアリウムなどは日本でも割と多いのですが、
爬虫類・両生類に関してはヤドクガエルくらいのもので、まだまだ少ない。
ドイツやアメリカでは自作レイアウトしている人達が非常に多く、
レイアウト用のバックパネルなども手作りしてるようなので挑戦してみました。

色々な方法を調べ、考えた結果、素人の自分でもできそうなのでモルタル造形を選んでみました。
調べたと言ってもそういった情報は皆無で、ほぼ全て我流ですね(笑)



スタイロフォームを水槽サイズに合わせてカット。



完成を想像しながら凹凸を出す大まかな線を描く。



大きい部分を削りだし、形を作る。



さらに細かく削りディティールを決める。



モルタルを塗る。



着色





終わってみてまず感じたのが、クオリティーを左右するのは始めのスタイロフォームでの削りだしかな・・・と。
今回はとりあえず完成させる為なので細かいディティールは無視しておりますが、
実物の岩の写真などを参考に削っていくのがよさそうです。

懸念材料としては着色と保護剤が課題です。
今回は屋外用の水性ペンキを何色か使っておりますが、ツヤが有りいかにも作った感が残る。
水性塗料ですが乾燥後は水には溶け出しません。しかし激しく水のかかる場所だとどれくらいの耐久力があるかは不明。

色々塗装や塗料を調べてみましたが、トップコートやニスでツヤ無しという製品はほんとんど見つけられませんでした。
もちろん木製用や屋内用途の物はいくらでもありますが。
市販のアクアリウム用品はどういった塗装がなされているのだろうか・・・?

でも自作するのは楽しいですね。
みなさんも一度作ってみてはどうですか?
一緒にレイアウト飼育を楽しみましょう!!
職人のようになってきていますね。
作品のようです。

私も以前にトゲオアガマのケージの側面に
コンクリートを貼り薄い岩盤を埋めたいと主人に頼みましたが、
アダージョのガラスケージでは無理って言われた^^;

海外サイトで見るトゲオアガマケージを夢みながら・・・
現実は、味も素っ気も無いレイアウトになっています。

妄想だけでなく、実現してしまう事に尊敬します。
Niko | 2009/09/10 00:00
Nikoさま
家でモルタル練って何してんだか(笑)
でも作るのは楽しいです。
本物の岩を持ってきても重量で水槽が壊れてしまいます。
その為に今回のこの方法を使うのです。
スタイロフォームというのは発泡スチロール並の軽さで、
その上に薄くモルタルを引いているだけなのでかなり軽いのです。
後は質感なのですが、。そう簡単にはいきませんね!
vampire | 2009/09/10 03:07
おお!すげー!バックにする岩とかってサイズが合わなかったり高かったりでなかなか使えないですが自作できると良いですね〜。僕も一度、こういうのをやってみたいと思ったことはあったのですが、素材がいまいち何をつかえばいいのかわからず・・・レイアウトに凝るときは参考にしたいと思います。しかし爬虫類や熱帯魚飼育には、芸術的な感性や器用さも必要ですね〜綺麗なビバリウムつくるには^^;
montriviere | 2009/09/10 19:57
ついには、岩まで、、、凄いです。

うちにもつけたいなあ〜

モニターの爪でボロボロ落ちたりしない感じですか?
AOP | 2009/09/10 20:33
montriviereさま
ロックモニターには是非使ってもらいたいアイテムですね!
初めての作業だったのですが、意外とこれくらいは作れたので
もっと良い感じにできそうです。乾燥種ならば塗装も問題になりませんから。
これって綿密な作業はないんですよ。
スタイロフォームを適当に切って、
モルタルを適当に適当に盛って、
ペンキを適当に塗って完成なので。
最初にサイズの切り出しくらいのものです。
だから絶対に出来ますよ! 是非チャレンジしてみて欲しいですね!
vampire | 2009/09/11 01:38
AOPさま
海外の人達は結構やってますね。
ただ大味なのかあまり質感は気にせずにガンガン作ってるって感じ(笑)
中には本物にしか見えない人もいますけどね。
モニターのパワーにどれくらいついていけるか!?
これが問題ですよね。
この試作品が出来てから、さらに3つくらい作って強度も出るようになってきました。
モルタルの盛り方と塗り方で強度も出てきたので、後は塗装だけですね。
モニターを相手にするならよっぽど強力な塗膜の塗料が必要です。
これでツヤ消しってのがなかなかなくて・・・。
でも絶対に作ってみたいですね。
vampire | 2009/09/11 01:43
ペンキ系じゃなく画材系から探してみるのもいいかもですよ。
リキテックスのメディウムシリーズは樹脂っぽくガチガチに固まるですよー。
ツヤ消しもいっぱいあるし。
凹凸も筆塗りで盛り上げ造型できるし〜。
ここ↓
http://www.rakuten.co.jp/sikigazai/594282/1832615/

ペンキを塗ったあとにヤスリでガリガリやってもピカピカはとれないのかなー。
t | 2009/09/11 08:31
またまたご無沙汰ですが、ブログのチェックはしてました。
いやぁ〜、相変わらずクリエイターですね、素晴らしい。
細かい部分で課題が残る、とおっしゃいますが自分からしたら完璧そのもの(笑)

うちは彼女は器用でこういう作業は長けてるんですが・・・
でもこういうのは結局やる気の部分が大きいのかもですね(苦笑)
中山裕樹 | 2009/09/11 12:57
tさま
そうなんですよねー。とりあえず後先関係なしにアクリルガッシュで塗ってみたら
マットに仕上がり、かなり良い感じです。
一応耐水だけどそのままでは無理っぽいんで、何でコートするかが問題なんです・・・。
リキテックスも盛れるからいいですよね!ちょっと考えました。
ペンキの後のヤスリかけると不純物が水槽内に溶け出すと思われ。
難しいです・・・。
vampire | 2009/09/12 20:32
中山裕樹さま
チェックはしてくれてましたか!ありがとうございます。
自分もこだわりだすと止まらないタイプでなかなか納得できません(笑)
彼女さんが得意なら一緒に作ってみては?アルバーティスのバックグラウンドを!!
たしかにやる気と根気だけですよ!自分もそれだけです!
次の制作にとりかかりたいと思います。
vampire | 2009/09/12 20:34
もしかしてFRPで作ってる人もいるかも〜。
FRPの疑岩画像↓
http://www.frpshop-azuma.co.jp/images/frp-stone.JPG
t | 2009/09/15 09:42
tさま
そうなんですよ。少ないですが市販で売っている物もFRPですね。
軽くてかなり頑丈なので擬岩には最適の素材なんですが、
少し調べて即座に断念です(笑)
素人に扱える物ではないうえに、工程が多く、材料も高いので
数回失敗するうちにオーダーした方が安くなってしまいます。
せっせとモルタルで頑張る!!
vampire | 2009/09/16 10:28
こんにちは。
うちはバーナーで溶かして自然な凸凹を作りました。
しかし仕上げ(塗装)が悪くRockに不評で廃棄処分になりました。
vampireさんの塗装を参考にもう一度挑戦したいと思います。
F | 2009/09/16 14:25
Fさま
バーナーとは!! さすが車屋さん、機材が違います!
という事はベースは鉄か何かですか?
塗装は意外と自然に出来ました。ベース色に対して
ポイントに違う色を、水をかなり多めにして筆で置くようにして
自然に滲ませてみました。
ちなみにどんな塗料を使いました?
vampire | 2009/09/16 14:30
何年か前の廃刊になったスケイルに同じ手法で載ってたよ。「インテビバリウム」たらなんたらってので
通りすがり | 2010/07/01 10:47
COMMENT









Trackback URL
http://blog.thunderbird-hills.com/trackback/1616
TRACKBACK
ブログパーツUL5