Thunder Bird Hills で飼育されているモニターを中心とした爬虫類とその飼育者の奮闘記!!
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< デプレッサワーレンヨロイトカゲ | main | 乾燥地帯のオアシス >>
食べないスナボア
過去画像で申し訳ありません。
スナボアですが、拒食に入っております。
1月末くらいから食べてないですね〜。
まあ、もう慣れましたが。
半年過ぎてもきっと平気(スナボアじゃなくて自分の精神)

前回の拒食は最長で1年超えてましたからね。

ヘビの拒食に関しては、飼育者が精神的に参るので、
これはもう慣れるしかありません。
もちろん種によっては環境を見直し、最悪は強制も必要になってきますが、
そのあたりに関しても、生体を観察しながら飼育者自身が判断して
選択する他ありませんが、やはり経験と普段のアンテナが重要ですね。

もちろん自分はそんなデリケートな種を飼育した事がないので
えらそうな事は言えませんが(笑)

ネズミ飽きたからウズラ買ってよー!とかでもなく?
自分が飽きっぽいからそう思っちゃう。うはははは

食べる必要がないから食べない
食べないといけないのに食べられない
わたしじゃ見分けられなくてハゲる
t | 2013/03/27 08:37
本当に拒食はこちら側(飼育者)の気持ちとの戦いですね(笑
一月頃からということは温度問題ではなさそうですが。
繁殖期とか....謎ですね。

うちのはダイエット中で、二ヶ月ほど食事止めてます。
っていうのも、爬虫類の医師に相談する機会がありまして、ラットの大量の脂肪分が原因で肥満体でした...。
できれば脱ラットで鳥(ウズラ)と鹿肉に以降したほうがいいと言う意見があり、思考錯誤してるとこなんです(汗
両方とも全く見向きもしないんだけどね.....汗



OG | 2013/03/27 17:21
tさま
飽きたとかではなさげなのです。
気分の問題!? 本当の所、明確な答えはありませんが
きっと、周りの環境(温度・湿度等)を察知して、代謝を自分でコントロールするため
必要のない栄養はとらない為だと思うのです。
いつでもバクバク食べる個体に止めどなく与えると、あっという間に肥満死ですが
こいつらの場合は、その手のトラブルは少ないのかもしれません。

自分も見分ける点なんて、体の太さと、排泄物の量くらいの物ですよ。
このサイクルに慣れるまでは本当にハゲそうでした(笑)
vampire | 2013/03/28 14:56
OGさま
拒食って事じたい、飼育者を悩ませる種ですね。
この一言に「拒食」と言っても
生体がどういう状態での拒食なのかの判断が難しい所ですよね。
スナボアの場合は、いつ「拒食スイッチ」が入るかわからないみたいです。

肥満の診断をされましたか〜。自分はアダルトの生体には鳥(ヒヨコ・ウズラ系)をメインにしてます。
キキの件では、肥満にかなり注意してても大量の脂肪がついておりましたので、意識がかわりました。
モニターならばどんなエサでも基本的には食べてくれるのでラクですが、ヘビとなるとね〜
しかもルルほど大きく育っている個体ならなおさらエサの移行は難しそうですね。
でも絶対に鳥に餌付かせた方がいいと思います。
その試行錯誤もまたこの趣味の楽しさでもありますよね。
健闘を祈っております!!
vampire | 2013/03/28 15:05
自分は彼らの拒食にはなれましたが。。
強制すると関係が悪くなる事があるのでしたくないッス〜。

温厚だった子が咬みまくりに。。(^^;)
餌にかみつけwww
マンガ家 | 2013/03/29 00:06
マンガ家さま
拒食に慣れる事が、ヘビ飼育の一つの壁だとさえ感じます。
自分も慣れるのに時間かかりましたよ〜

強制は数回しか経験しておりません。
それほどデリケートな種を飼育しておりませんので自分のスキルは全くです(笑)
できれば強制なんてしたくはありませんが、仕方ない時もあるので
覚えておいて損はないはずですよね。

噛みついてくる子なんていいじゃないですか〜
野性味溢れてて(笑)
決して人ごとじゃないっすよ!!

例のカメさんの設備はどうなりましたか?
vampire | 2013/03/29 01:24
COMMENT









ブログパーツUL5