Thunder Bird Hills で飼育されているモニターを中心とした爬虫類とその飼育者の奮闘記!!
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< シナワニトカゲ | main | クロコダイルスキンク >>
シナワニトカゲ
こいつはなかなか神経質な個体でした。
見てる前ではエサに一切反応しない。
しかも水貼ってるのでエサをばらまけない・・・。

手に持つと、噛みついてくるタメに口を開けるので
その隙にデュビアを放り込んでみたら食べた(笑)

んー、毎回それはさすがに面倒なので
さっさと慣れてくれる事を願って・・・。

やっぱりレイアウトケージに映える生体ですね〜!!
いいなあ。。。

とりあえず自分はコルクバーグとシリコンを買ってきました!
バックぐらいは貼ろうかと・・・(^^:)
マンガ家 | 2013/07/29 21:43
カッコイイの一言につきますね!

餌やり、めんどくさいですね(笑)
巨 | 2013/07/31 00:55
マンガ家さま

コルクバーグ!!
いいじゃないですか〜!!
もしかしてもう貼りました?

ちょっとだけポイントがありまして
シリコンは完全硬化するまでに24時間かかります。
それでいてコルクは反っているので
たっぷりシリコンを塗って、コルクの上に
重りをおいて24時間待てばガッチリ接着されます。
自分は重りにはバケツなどを使いました。
水を入れればそれなりの重さになりますからね!

貼ったらまた教えてください
vampire | 2013/08/02 02:20
巨さま
シナワニ本当によかったです!
絵になるトカゲとそうでないトカゲがいますからね。
こいつはまさに前者ですね。

エサはなんと慣れる方向に持っていきたいのですが
なかなか時間がかかりそうですわ〜
vampire | 2013/08/02 02:22
一気に過去の記事から拝見させていただきました。
兎に角、感動したことはお伝えしたい!生活記録、そして、創作物への挑戦と意欲、そしてその作品の結果。沈黙の中で溜息が出てしまいました。
罠に掛かってしまったようです。アクエリアムの中へ彷徨いこんだようで、そのPhotoの技術、ブログの編集の美しさ、ここへ来ると黄泉の世界へ行けるようです。

キキに噛まれた血の跡に引いてしまい不安もよぎりました。けれど、大きな愛がそこにはありました。手のひらに載せた大きな夢精卵。私たちの生きてる時代のものとは思えませんでした。

過去から遡ってひとつひとつ読んだブログはこれが初めてです。
それほどの、魔力が塒を作って渦巻いているようです。
kao | 2013/09/15 01:43
kaoさま

大げさですよ〜(笑)
でも素直にうれしいです。ありがとうございます。
自分も時々このブログを読み返して、過去一緒に暮らした子達を思い出します。
ブログって自己満足の塊だと思っていましたが、みなさんの暖かいコメントに涙したり(笑)
ブログも悪くないな〜って感じております。

キキは初めて飼育した爬虫類であり、一番の感動と、一番の恐怖を叩き込んでくれた生体でした。
この先、あの子以上の刺激に出会う事はないと思っていますが、
この爬虫類への世界を切り開いてくれた子として、自分の胸の中で生きております。
今いる子たちも僕の中の物語を、現在進行形で造って行ってるのでしょうね。

これからもたまに「黄泉の世界」をのぞきに来てくださいね!
vampire | 2013/09/16 01:44
COMMENT









ブログパーツUL5