Thunder Bird Hills で飼育されているモニターを中心とした爬虫類とその飼育者の奮闘記!!
<< February 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< さあ次だ! | main | 元気です(笑) >>
設計図
水槽の設計図です。
作る前にある程度の設計図がないと、どの部品がどれだけいるかを把握できないので
いつも自分用に簡単に設計図を書きます。
もちろん造りながら変更等はありますが、だいたいの大枠ですね。
60規格のオーバーフロー水槽で、真ん中に仕切りをつけますが、
仕切りの後ろは空いているので水は行き来します。
二匹のカメをわけて飼育するための水槽です。

オーバーフロー水槽ですか!
本水槽が60に対して濾過槽も60とは濾過能力も相当見込めそうですね
作成関連の記事はいつも非常に参考になるので期待しています^^
K8ki | 2013/11/09 22:12
K8ki さま
参考だなんてとんでもないです(笑)
60に対して60って普通は使わないですよね。
しかもガラスだし(笑)
vampire | 2013/11/15 15:55
水槽と濾過槽の大きさが同じ割合って、なかなか攻めますね(笑)


僕は、ナメハダタマオヤモリ用にアクリルケージの設計図を作成してます。

まだ生体居ないですけどね(笑)
巨 | 2013/11/16 11:49
巨さま
単純にこのガラス水槽が大きさぴったりで
かなり安かったからなんですけどね(笑)
ただ濾過槽にガラスかよ!って感じですね(笑)
vampire | 2013/11/24 01:48
設計図完璧っすねw

やっぱガラス水槽はいいですな。
東京へ来た際は「すみだ水族館」へ行ってみてください。
見せ方のクオリティが凄いです。


この時期、Vampさんも激務でしょう...笑
自分もかなりノンストップで手を動かしてます。

そんな中、生き物にはいつも癒されてます☆

ルルさんも相変わらず元気ですが、
実は以前に奇形箇所が発覚して病院へ連れて行ったんです(汗
大事には至らないんで大丈夫だとは思いますが。
この件で後ほど記事にはしようかと思います。
飼育者さんの参考になればと。
OG | 2013/12/04 23:55
OGさま
すみだ水族館はできた当初から気になっていました。
たしかADAの巨大な水草水槽もありましたよね。
水族館や動物園も昔の檻の中に閉じ込めているスタイルでは
なくなってきてますよね。生体にとってどっちがいいかわかりませんが
来場者にとっては断然見てて楽しいですよね。

この時期が忙しいのはどこも同じなんですね〜。
まあ暇な時期をここで回収しないとです(笑)
ブログが更新されてなかったのでうすうすは感じておりましたが
繁盛しているのは良い事です!!

ルルにそんな事があったのですね。
ベーレンの飼育記録は少ないので、貴重な記事になると思いますので
是非とも発信してあげてください!!
vampire | 2013/12/09 00:37
COMMENT









ブログパーツUL5